HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト野球  »  センバツ優勝は龍谷大平安!総合力の頂点。
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センバツが終わりました。



本当にあっという間でした。



選手の皆さん、監督・コーチの皆さん、関係者の方々、



お疲れ様でした。



そして、有難うございました。




勝ち負けもいいんだけど、




何よりやっぱり選手のプレーを見てると元気と感動がもらえる。




それは今も昔も変わらない。



日本の古き良き伝統。





これは今後も続いていく。




大会は平安が優勝しました↓



<出場校コラム>白球を追って 八回1死満塁から救援 龍谷大平安・中田、エースの誇り

毎日新聞 4月3日(木)9時35分配信

絶体絶命の八回1死満塁。リードは2点。同じ3年生の左腕・犬塚が2ボールにしたところで、エースナンバーを背負う右腕・中田がマウンドに登った。「背番号1のプライドを見せたかった」。この一心だった。

 初球の直球がボールになってカウントは3ボール。それでも「一球一球に集中した」。2球続けて直球でストライクを奪うと、最後はカットボールで履正社・永谷を空振り三振に仕留めた。続く辻も追い込んでからの決め球はカットボール。投ゴロに打ち取り、チームの危機を救った。

 中田がエースナンバーを背負ったのは昨秋の近畿大会から。この日は「一番信頼している投手」(原田監督)として、九回に登板する予定だった。前日から肩の不調を訴えていたこともあり、試合中に「最後はお前に任せる」と2度、監督から激励を受けた。早めの登板にもかかわらず、本人は「監督の言葉が大きかった。気持ちのスイッチが入った」と力投で応えた。

 前日の準決勝で公式戦初完投した先発・高橋奎は「決勝の緊張感にのまれた」と三回途中で降板。相手に流れを渡さなかったのは、高橋奎と同じ2年生左腕の2番手・元氏だ。準々決勝で先発しながら、5回で降板。最終的に高橋奎の救援を仰ぎ「監督から『高橋奎は安泰やで』と言われ悔しかった」。前回の反省を、5回余りを1失点(自責点は0)というこの日の好投につなげた格好だ。

 機動力を絡めた高い攻撃力に支えられ、投手陣は昨秋から急成長を始めた。選手層が厚く、投打にレベルの高さを示した龍谷大平安。そして監督の言葉に発奮した選手たち。歯車がガッチリとかみ合い、38回目の出場で「センバツ優勝」という新たな勲章を手に入れた。【武藤佳正】




今大会、投手の継投平安の武器でしたね。




もちろん機動力を生かした攻撃力は前評判高かったんですが、




投手層がこんなに厚いとは思いませんでした。ごめん



投手陣
左から起用順

1回戦  元氏君、中田君
2回戦  高橋奎君、中田君
準々決勝 元氏君、中田君、高橋奎君
準決勝  高橋奎君
決勝   高橋奎君、元氏君、犬塚君、中田君



決勝は4人を使った継投策でした。




8回2点差。1アウト満塁2ボールからエース登場は痺れました。



3ボールからの、まっすぐ、まっすぐ(シュート?)、スライダーで空振り三振!



最後のスライダーをあのコースに決めるか。 と




テレビを見ていた国民は思いました。



あれは素晴らしい。



まっすぐ一本に絞ってたバッターが変化球をあのコースに決められたら打てないよ。




あの場面であの球が投げられる。




気持ちが強いピッチャーだな。




だからエースなんだなと思いました。



今の時代、





また言います。




優勝するには、総合力!!




今大会もいいピッチャーはいました。



明徳・岸君、佐野日大・田嶋君、広島新庄・山岡君



3人とも素晴らしかった。



だけど、好投手一人じゃ勝てないんだ。



3チームともこのままじゃ夏はまず優勝できない。と思う。



変わらなきゃいけない。



繋ぎの出来る、ある程度試合は作れますよ的なピッチャーがもう一枚欲しい。



履正社永谷君が出てきたから、



2年生ダブルエースの看板が出来上がった。



センバツでブレイクスルー永谷君でした。



は肘に痛みがあって、毎日痛み止めを打ちながらの登板でした。




夏に向けてまず休んで、しっかり治してね。



怪我っていう不安材料はあるし、履正社もあと1枚は欲しいね。




夏に向けて、各チーム投手の補欠組のみんなは燃えてるだろうから、




センバツ出場組が、夏の甲子園でどう変わったか見たい。




今年の夏も見物ですね。
Relate Entry
Comment
Trackback
2日行われたセンバツ決勝。決勝に勝ち進んだのは前回の日記に載せた「龍谷大平安」大会初日、応援していた小山台をボコボコした「履正社」と近畿勢同士の決勝と成りました。これは...
Comment form
プロフィール

松流55

Author:松流55
少年野球から高校野球まで本気で野球してました。今はスポーツ会社を立ち上げるために悪戦苦闘中。
野球、ゴルフ中心の記事書きます!!気まぐれで違うスポーツも。スポーツファンの方、見てください!!

プロ野球順位
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
プロ野球ニュース
最新コメント
アクセス
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。