HOME   »  その他
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<レスリング女子>「父さんありがとう」…吉田フォール勝ち
毎日新聞 3月16日(日)20時39分配信

レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップ(W杯)最終日は16日、東京・小豆沢体育館で行われ、決勝で日本はロシアに8-0で圧勝し、2年ぶり7回目の優勝を果たした。大会直前の11日に父で日本代表コーチの栄勝さん(享年61)を亡くした53キロ級の吉田沙保里(ALSOK)は、マリア・グロワにテクニカルフォール勝ち。8歳から栄勝さんに指導を受けてきた69キロ級の土性(どしょう)沙羅(至学館大)は、2012年ロンドン五輪女子72キロ級金メダルのナタリア・ボロベワに逆転勝ちする金星を挙げた。前回覇者の中国は、3位決定戦でカナダを6-2で降した。

◇日本圧勝、2年ぶりV

 エースが陥った窮地が、逆にチームを一つにした。決勝で日本は、ロシアを相手に8階級すべてで勝利。吉田は「日本チームのみんながお父さんのため、私のために頑張ってくれた。みんなに感謝したい」と語った。

 日本の2番手として出場した吉田は、父直伝のタックルがクリーンに決まらなかったものの、着実にポイントを奪って勝利。試合後、左ひざ痛で父の急逝前にもほとんど練習できていなかった事実を明かし、「団体戦なので変な試合をしたらみんなに迷惑を掛けると思ったが、お父さんは何が何でもレスリング優先。出るからには、と気持ちを強く持った」と振り返った。

 ◇土性、逆転タックル

 吉田の試合後も引き続き、栄勝さんの遺影はベンチで選手を鼓舞し続けた。殊勲は愛弟子の土性だ。ロンドン五輪金メダルのボロベワに劣勢だったが、試合終了まで30秒余りと迫った終盤、正面からのタックルが鮮やかに決まり逆転勝利。「吉田先生に教えてもらったタックルで勝つことができた」と喜んだ。

 表彰式で吉田は、兄栄利(ひでとし)さんが持参した父の遺骨の入った袋を手に表彰台に上がった。「日本チームは優勝したよ。お父さんありがとう、と言いたい」と吉田。父への弔いにとどまらず、今年から採用された新階級での「完全優勝」は、2016年リオデジャネイロ五輪に向けてチームに自信ももたらした。
【芳賀竜也】



感動。



人間力が違う。



レスリングが強いのもそうなんだけど、人として強い。




そんな吉田さんの説明不要の経歴をあえてさらっと紹介。




自宅でレスリング道場を開いていた父の指導で3歳でレスリングを始める。




世界ジュニアで勝ちまくり、注目を浴びる。




2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得。




2007年、アジア選手権優勝。9月の世界選手権でも優勝し、女子として史上初の5連覇を達成。




2008年、北京オリンピック2大会連続でオリンピックの金メダリスト。




表彰式後のテレビインタビューで吉田は「4年後のロンドンも勝ちたい」と、




早くもオリンピック3連覇を目指すことをお約束。




2012年の女子ワールドカップ団体戦決勝で、ロシアのワレリア・ジョロボワに2-1の逆転負けを喫して連勝街道は58でストップ。



2012年、ロンドンオリンピックで金メダルを獲得し、3大会連続五輪金メダルを達成。




2012年9月の世界選手権では、男女通じて史上最多となる世界選手権10連覇及び世界大会13大会連続優勝を達成。




アレクサンドル・カレリンの「霊長類最強男子」にちなんで



「霊長類最強女子」のニックネームが付けられた。




また、「13大会連続世界一」を達成した事を受けギネス世界記録に認定。




さらに、この功績を称え2012年11月7日に日本政府より国民栄誉賞を授与。



2013年の世界選手権では、全試合を通して相手に全くポイントを与えない完全勝利で優勝、



世界大会14連覇を達成。



2016年のリオで4連覇が懸かる。



日本の宝です。




彼女と同じ国に生まれたことを誇りに思います。




たとえどこかで負けたとしても、僕らはずっと応援しています。



だって、あなたが築いてきた歴史や人間力は



僕らが生きているこの時代で



塗り替えられることはないし、



いつまでもみんなの記憶に残っているから。





今日勝てたこと、シンプルにおめでとう。
スポンサーサイト

<東日本大震災3年>プロ野球オープン戦でも黙とう

毎日新聞 3月11日(火)19時25分配信

 東日本大震災は11日、発生から3年を迎えた。甲子園で行われたプロ野球オープン戦の阪神-DeNA戦の試合開始前に上本選手会長ら阪神の4選手が震災義援金の募金活動を約15分間行い、およそ400人から5万8298円が集まった。五回終了時には両チームがダッグアウト前に整列して黙とう。福島県出身のDeNA・中畑監督は「日本は野球の力は大きい。我々はそれを背負って気持ちを込めてプレーをしていきたい」と述べた。

 また、京セラドーム大阪のオリックス-広島戦でも、試合開始前に両チームが黙とうした。仙台に拠点を置く楽天で昨季までプレーしていたオリックスの鉄平は「元気な姿を見せないといけないが、軽々しく勇気や元気を与えると言えない」と語った。




東日本大震災から3年が経ちました。



恥ずかしながら私は被災地に一度も足を運んだことがありません。



だからどんなに悲惨で辛い状況だったのかもリアルには分かりません。



それでもテレビや新聞の情報媒体と



被災地から都内に越してきた方々の話で、



何となくかもしれませんが、



当時の状況だったり、今ままでの経緯が分かってきました。




まだまだ復興は進んでません。




でも前には動き出してると思います。




今後、自分たちに何が出来るかと考えたら




2011年3月11日に起こった事、




そしてそれからの経緯を



知らない人



伝えること



これは誰でも出来ることで、凄く重要な事だと思います。




絶対にあの日の事も、今でも苦しんでいる方がいることを




忘れてはいけない。




風化させてはいけない。




募金だって立派な支援です。




それ以上に



伝えていく ことが、



今後の人類が生きていく上での支援になるのではないでしょうか。
プロフィール

松流55

Author:松流55
少年野球から高校野球まで本気で野球してました。今はスポーツ会社を立ち上げるために悪戦苦闘中。
野球、ゴルフ中心の記事書きます!!気まぐれで違うスポーツも。スポーツファンの方、見てください!!

プロ野球順位
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
プロ野球ニュース
最新コメント
アクセス
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。